毒のある木を教えて下さい(8) - 樹木伐採、植木剪定、草刈り、庭の片付けなら 神奈川県逗子市【お庭管理トータルサービス】

毒のある木を教えて下さい(8)

2020.04.30
イメージ

ミヤマシキミ(深山樒)

ミヤマシキミの実は、正月の飾り花として使われる。
かつて本種をマンリョウと称して売っていたこともあるが、実は直径1センチ近くでマンリョウよりも大きく、容易に区別できる。
マンリョウより実が大きいためオクリョウ(億両)という呼び名もあるが、あまり定着していない。

葉は長さ10センチほどと大きめ。厚めで光沢があり、縁にはギザギザがない。
ミヤマシキミはミカン科であり、葉をちぎるとミカンのような独特の香りがあるが、葉や実には有毒成分アルカロイドのシキミアニンを含み、誤食すると痙攣、血圧降下、心筋麻痺を引き起こす。

ページトッップへ